ニキビは体質に関係ある?

あ!またニキビ!
やっと治ったと思ったらまた同じところにニキビが…。
化粧も大変、仕事でストレスがたまりっぱなし。
彼とのデートで癒されたいのにニキビが気になって楽しめない!
どうして私だけ…? そんなあなたに知ってほしい。
ニキビと肌質の関係。

 

目次

1. 思春期ニキビと大人ニキビの違いって?  教えてほしいニキビの違い

2. ニキビになりやすい肌質ってあるの? それって改善できるもの?

3. え?まさか! ニキビ体質が遺伝するって本当?

4. ニキビができるのは体質だけじゃない! ニキビができる原因まとめ

 

思春期ニキビと大人ニキビの違いって?  教えてほしいニキビの違い

 

──聞いたことはあるけど… 意外知らないニキビの違い

ニキビとは毛穴に皮脂などのゴミが詰まり作られます。
そんなニキビですが、皆さんはニキビにも種類があることをご存じですか?
大きく分けてニキビは「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の二種類に分けられます。
ではそもそも思春期ニキビと大人ニキビはどう違うのでしょうか。

思春期ニキビの特徴

思春期ニキビは主にTゾーンと呼ばれる額や鼻にできやすいのが特徴と言われています。
Tゾーンには皮膚や毛をなめらかにするための皮脂が分泌される「皮脂腺」と呼ばれるものがあり、思春期と呼ばれる10代ではその皮脂が過剰に分泌されます。
そのため、額や鼻にニキビができやすいのです。

10代は肌の新陳代謝がよく、新しい肌がつくられやすい年頃ですので軽度のニキビであれば治りも早く跡も残りません。
しかし、強く炎症してしまったニキビを潰してしまうとクレーターと呼ばれるデコボコとしたニキビ跡が残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

大人ニキビの特徴

大人ニキビは主にUゾーンと呼ばれる口許やアゴ周辺、フェイスラインにできやすいのが特徴と言われています。
この大人ニキビの原因は食生活などの生活習慣の乱れやストレス、お肌に合わない化粧品等が原因として挙げられ様々です。

10代の思春期ニキビとは違い、治りにくいのも特徴の一つです。
さて、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」の違いわかっていただけましたでしょうか。

 

ニキビになりやすい肌質ってあるの? それって改善できるもの?

 

──いつもニキビ顔の私とツルツル肌の友達…もしかしてニキビになりやすい肌質ってあるの?

いつも不思議に思っていました。
ニキビのできる私とできないあの子。その違いは何なのでしょうか?
高級な化粧品を使っているの?それとも肌質のせい?
そんな「なんで?」をスッキリさせましょう。

では、ニキビができやすい肌質とはどんなものでしょうか。

1、皮脂の分泌量が多い

皮脂の分泌量が多いと毛穴に皮脂がたまりやすく非常にニキビになりやすいと言えます。
特に思春期の頃にできる思春期ニキビでは皮脂の分泌量が関係してくることが多いです。

2、毛穴が小さい

毛穴の状態は人それぞれです。
毛穴も身長や体つきとと同じで生まれつき大きい方もいれば小さい方もいます。
その中でもっともニキビができやすいのが毛穴が小さい方。
毛穴が小さいと皮脂や角質が詰まりやすくニキビになりやすいのです。

3、ターンオーバーが活発ではない

ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことを指す言葉です。
ターンオーバーが活発であれば肌の代謝がよく、新しい肌がどんどん作られていきます。
逆にターンオーバーが活発ではない場合、肌の新陳代謝が低く、新しい肌が作られません。
それにより、傷ついた肌が生まれ変わらない状態になり肌のバリア機能が低下しニキビの原因になりやすいのです。

ここまでニキビの三大要素をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
「肌質のせいならどうしようもないじゃん…」「年齢のせいならあきらめるしかないわね」
そう思ったりしていませんか?

確かにニキビになりやすい肌質はありました。
しかし、ニキビとは肌質だけではなく生活習慣やホルモンバランスによって左右されるのもまた事実です。
例えば、お肌に優しい食事をするとか、観たい深夜番組は録画して1時間だけ早く寝てみる。
そんな生活のちょっとしたことを少しだけ見直してみませんか?
それだけでニキビが減って毎日が楽しくなるかもしれません。

 

え?まさか! ニキビ体質が遺伝するって本当?

 

──そういえばうちの家族ってニキビ顔が多いかも? そんなことをふと思いました。

最近、巷ではニキビ体質は遺伝すると噂されていますね。
私の周りでも親子そろってニキビがあるなんて方もよくお見掛けします。
でも、本当にニキビ体質遺伝するのでしょうか?

厳密ではないでのですがニキビ体質は遺伝しないという説が正しいように思えます。
確実に遺伝するとは言えませんが、肌質は遺伝することもあるようです。
例えば、母はオイリー肌でニキビがよくあるけど、父は乾燥肌なのかあまりニキビがでていない!
『私はニキビ少ない方だしお父さんに似たのかな?』って思ったら苦手だったお父さんにちょっと感謝…なんて。

遺伝した肌質には『毛穴が小さい』『オイリー肌』『乾燥肌』など様々は肌質がありますから
一概にどれが遺伝したらいいなんて十人十色でしょうが私はどんな肌質であってもデイリーケアを怠らなければニキビは減っていくし予防もできると考えています。

 

ニキビができるのは体質だけじゃない! ニキビができる原因まとめ

 

ニキビができやすい体質は年齢だったり、生まれつきのものだったりとそれぞれありました。
ですが、それらは毎日の生活習慣やデイリーケアで予防したり治したりすることができるものだと思います。
また、自分の肌に合ったスキンケアを開拓するのもニキビケアへの近道だと思います。
自分の肌質・体質に合った対処法を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です